長野県 栂池自然園 (つがいけしぜんえん) 2010m

夫婦=風風の山行でしたが、同行していただいたのは、
睦月が参加している『野路野路クラブ』の、
歩く花の図鑑さんと一緒でした。
野路野路クラブのホームぺージにて記録の紹介をさせていただきます。
野路野路クラブ
                   

と、思ったのですがやはり私達のページにて紹介させていただきます。      

     行 程
山行日 平成17年8月6日(土)
天 気    

 ⇒高速道   →一般道
 〜ゴンドラ、ロープウェイ
 …歩き
 AM5:10自宅発松井田IC⇒東部湯の丸SA 朝食⇒長野IC7:00→中条村→
 白馬村、栂池高原駅8:00 …ゴンドラリフト イブ8:10〜栂の森…栂池ロープウエイ、
 栂大門〜自然園駅9:10 
 自然園AM9:25…風穴…ワタスゲ湿原…銀名水10:25…右回り・・・展望湿原11:11
 11:50…急なやせ尾根12:05…浮島湿原12:35…水芭蕉湿原…ビジターセンター13:45
 自然園駅14:30〜栂大門14:35…栂の森〜栂池高原駅15:00…駐車場15:20→姫川
 源流15:50 16:10→美麻ぽかぽかランド入浴16:25 17:15→長野IC⇒上田菅平IC
 →長野原→自宅20:10
  同行者 歩く花の図鑑さん   <一日の歩数14,649歩
                 
自然園入口 白馬三山を望む 「今度の土曜日どうしようかあ…。」
だいたい水曜あたりになると話題になる。
「そうだね、今度の土曜あたりで夏山の花は終わりだね〜。」
そんな時に、“歩く花の図鑑さん”から電話である。
「… … … …。」
「そ〜うなんだ。じゃあ!今度の土曜は何でもなかった(?)祝いに、花を見に行こう。」 いつもの私達が首をもたげ、“歩く花の図鑑さん”を誘い栂池自然園が決定した。
朝はなるべく早い時間に出発する計画。
順調に行ったはずが、帽子が無い事に気付き家に戻る。
なんなんだ〜??

数年前に娘と3人で栂池に来ている。あの時とほぼ同じ時期なのでクロバナロウゲは咲いているかな? オニシオガマは? そうそうクルマユリも綺麗だったなあ…。
オオシラビソの球果も特徴あったけ

 順調に栂池高原駅に到着した。ゴンドラリフト、ロープウェイと乗継ぐ。
ロープウェイの中、案内の方が「今日は雷になりますので…。」「うっそー!! せっかくなのにいやだよ〜。」と、言ったところで天気には逆らえない。よし! 展望湿原までは早めの行動で帰りにゆっくり時間をかけて花を見よう。

 しかし…。自然園を歩きだすと
「わああぁーー! どうしたのこの花・は・な・花」「きれい!!」「これこれ 何だっけ?」「ううーん?」「写真・写真」
「さっき、買ったパンフレットにも載っていないよ。」
「監視委員さんが来た。聞こう」
オニシモツケソウと図鑑さん
 自然園入口から楠川まで30分のところを1時間もかかって歩いていた。
こりゃあまずいよ。雷 雷 早く歩こうね。花を見て、山を見上げ、右見て・左を見て
「ちょっとまって〜ニッコウキスゲの写真を撮るから〜」

ワタスゲ湿原
 銀命水まで着いた。水が美味しかった。実に美味しい! 冷たい・あまい・喉越しがいい。
こんな水が我家に届いたらなあ。住んでいる市の水は、地下水である。都会に比べればはるかに美味しい。だが最近消毒の臭いが強く味が落ちたように思う。
 そういえば、娘が大学時代、生活している所の水道水がまずい、冷たくないとしきりに言っていた。家の水は、夏は冷たいよと言うふれこみで友達をつれて遊びに来たっけ。仲良し3人組の友達2人は、それぞれ都会育ち。我家に着いた途端、水にたわむれた。「冷たいよ〜冷たいよう(^^)」と喜んでいた。伊香保温泉で日帰り入浴、前橋、原○屋の焼饅頭を食べ上州を満喫してペンション(我家)に泊まっていったね。オーナー婦人の長所は、天然。変な事を言うものだから、今でもすっかり人気者?遊びに来てくれている。すっかり群馬のお母さんになってしまいました。

さてさて、銀命水からは少し登りです。頑張ろう!(^^)!
銀命水 キヌガサソウ
展望湿原より白馬大雪渓  45分程登ると展望湿原についた。ガイドブックは25分です。この本を書いた人は、花は好きでないのかな?普通に歩って、花を愛で写真を撮ったら1.5倍の時間を要するが、25分で歩くにはとても無理。
 展望湿原のベンチは沢山の人です。傾斜湿原の向こうには白馬岳の大雪渓がはっきり見えた。望遠鏡で大雪渓の登山者を見ている先客が「人が見える、見える」と…。
私だって持っているもん♪ 主人のリュックの中に(^_^;)

やああ…。見える、見える。長い行列を作って登っているのが

さあさあ お弁当にしようね
おにぎり2ケと少々のおかずが高級和食処に匹敵する。これだけの美味しい味は出せないよ。
歩く花の図鑑さんのぬか漬けキュウリが出てきました。これは跳びっきりの美味さです。何年物のぬかかな…?分からないと言う。さすがですね。
クルマユリ
☆午後の部スタート
 展望湿原のデッキからもうひと登りしたところにある展望台へと進む。標高差にして10mだ。ここから見える景色には息を飲み込んでしまった。言葉が出ない程の美しさだ。足元に広がるツガの樹林とその中に青い色を輝かせている雁股池(かりまたいけ)。吹き上げてくる風が涼しい。この場所に来て初めて見たシモツケソウ・ハクサンオミナエシ・ソバナが斜面をおおい、風にゆれて美しい。
 草花が交響曲を奏でているかのようだ。弦楽器が静かな音を全身で出す時のしぐさ、打楽器の、時には強い迫力ある音。まるで斜面の花達が音を出している。このままここに居たい
 そんな思いを3人が共に味わい、展望台を後にする。痩せ尾根下り、急な階段を下りたところで二股に分かれる。左に道をとり、モウセン池近くにでる。ここにもワタスゲの白さが美しい。
展望台から眺める斜面
モミジカラマツと木道  楠川を渡り、今日の湿原歩きも終盤に近くなった。雷にも雨にもあわず楽しい歩きが出来た。
 主人の「先に行っているよ。待ち合わせ場所はビジターセンター。」
どうしたのだろう?
禁煙状態が続いた為、早く吸いたくなったらしい。
自然園全部が禁煙だ。しかし、楠川あたりでは喫煙者を何人も見かける。主人は携帯灰皿をいつも持っている。今日は禁煙とのことで吸っていない。

女性2人でのんびりと惜しむかのように歩いた。
モミジカラマツが清楚でやさしく咲いている。
←この緑色のビニールロープはちょっと邪魔だね
※写真はピントがずれていて惜しいな……。(^_^;)
自然園駅 雛さま?
楽しかったね…♪ 仲良くお雛様のように(^^)
今日、出会った花
アカモノの実・アオジクスノキ実・イタドリ・イワショウブ・イブキトラノオ・イワオトギリ・イワオウギ・イワイチョウ・エンレイソウ・エゾシオガマ・オタカラコウ・オオバミソホウズキ・オオレイジンソウ・オオシラビソ球果・オヤマリンドウ・オニシモツケソウ・オニシオガマ・オオバギボウシ・カラマツソウ・カニコウモリ・ギンリョウソウ・キツネノボタン・キヌガサソウ・クマイチゴ・クルマユリ・クガイソウ・クロトウヒレン・クモマニガナ・クロバナロウゲ・コバイケイソウ・ゴゼンタチバナ・サラシナショウマ・サンカヨウの実・シナノオトギリ・シモツケソウ・シラネニンジン・シロバナクモニガナ・ズダヤクシュ・ソバナ・タマガワホトトギス・タテヤマウツボグサ・タテヤマリンドウ・チングルマの実・トリアシショウマ・ニッコウキスゲ・ノウゴウイチゴ・ノリウツギ・バイケイソウ・ハクサンオミナエシ・ハクサンフウロ・ハナチダケサシ・ヒオウギアヤメ・ベニバナイチゴ・マイヅルソウ・ミソガワソウ・ミヤマキンポウゲ・ミツバオウレン・ミヤマアカバナ・ミヤマアキノキリンソウ・ミヤマコウゾリナ・モウセンゴケ・モミジカラマツ・ヤマハハコ・ヤナギラン・ヨツバヒヨドリ・ワタスゲの穂

 
inserted by FC2 system