ぶらりとおでかけ H19年

  秋山郷 19年11月10日 新潟県十日町市津南町、長野県下水内郡栄村
家の用事が片付き、やっと山に登れそう。「近くの山に登ろうか」と計画したものの、10日の天気予報は雨、新潟は晴れのち曇・長野は曇。それじゃ、新潟までドライブしようと言う主人。
関越トンネルまでは濃霧と雨。本当に新潟は晴れなんだろうか…??
【長い、トンネルを抜けるとそこは…晴】であった。(^^)
県境、谷川連峰のほぼ下、山中にある関越トンネルは【不思議トンネル】である。
これじゃ。。。新潟の山に登ればよかったのになあ〜。と、つぶやく私


 七五三祝い  19年11月3日〜4日 
早いもので、もう三歳になる。そして七五三祝いの日となった。娘の着た七五三3歳の祝い着を今度は孫が着る。 その着物は、娘が生まれたときに母が買ってくれたお宮参り用、のしめ「初着」である。娘の3歳七五三祝いの時は、母が袂を縫ってくれて七五三用に変身をした。
孫が生まれ、袂をほどき初着になってお宮参りをした。
そして今回は、私が袂を縫って振袖の着物になった。いよいよ、お払いが始まる 一緒にお払いを受ける子供達の中で最年少、名前を呼ばれるとハイ!と返事が出来た。玉串奉天・二礼二拍手をちっちゃな手できちんとやった。「えらいね〜○○(^^)」 記念写真を撮ろうと言っても、境内に落ちているどんぐりが気になって、そちらが先であった。祝いの席は、娘が猿ヶ京温泉に一泊を取ってくれて、嫁ぎ先の93歳のおじいちゃんと、着物の贈り主である母(84歳)も加わってパーティです。一緒に誕生日祝いも、しました。楽しい1日であった。

 井波彫刻総合会館・白川郷 他  19年10月25〜26日 
何回と無く出かけている社員旅行。土砂降りの、雨の中の旅行は初めてである。
井波彫刻総合会館」を見学する頃から雨、瑞泉寺を見学する頃には雷と雨でした。それからはずっ〜と雨。雨の白川郷は趣があって素晴らしかった。
帰宅日には何と台風20号が95Kmという急速で関東に接近し、到着する時間帯は台風に合流する…筈でしたが、雨も落ち着いてパラパラでした。
雨男・雨女の団体は無事帰郷した。 

昨年に続いて、2度目の運動会  19年10月6日 
 昨年、始めて運動会を経験した孫と私達家族。前日の雨に加えて当日も天候不順で小雨がぱらついたり、晴れたと思ったら風が強く寒かった。入場してきた姿を見て、空からの雨でなく自分自身に雨が降った思い出がある。  
。。。今年は、大丈夫です。しっかり最初から最後まで見てきました。
 駆けっこでスタートラインに並ぶと名前を呼ばれました。「ハイ!」と大きな声でご返事。「恐竜マッスル」のお遊戯
(写真)もドッスン・ドッスンと上手に踊れました。去年は「アイアイ」だったね。
 パパとの親子競技も抱っこしてもらったり飛行機になったり楽しかったね。秋空の1日、気持ちの良い楽しい日でした。

夏休み旅行  19年 8月25〜26日 群馬県吾妻郡嬬恋村、長野県軽井沢街
”夏休み旅行”は、どこにしようかと考えては話が消え、またどこかに行こうと話が出る。今年は猛暑が続いているので涼しい所と言うことだけで、場所の決定ができなかった。
軽井沢おもちゃ王国」が良さそうと「るるぶ」から探し出した。
森と林に囲まれたテーマパーク「軽井沢おもちゃ王国」はカラッとしていて気持ちがよかった。太陽の下に出れば暑いのは変わりないが暑さも爽やかであった。幼児向けのテーマパークで、他のテーマパークにある喧騒が無くて良い。午前10時に入園し午後3時までを、あっという間に過ごし、たっぷりと楽しんだ。
その後、今夜の宿万座温泉へと向う。途中 嬬恋鹿沢ゆり園に寄った。
白濁の湯にどっぷりつかり汗を流す。標高1800mにある万座温泉は、エアコン無しでも少し涼く感じる。夕食後、私達の部屋でずーっと遊ぶ孫と、精神年齢が同じになった私は、はしゃいでしまった。26日朝、窓辺に野うさぎが2匹遊んでいた。孫に見せたかったが隣の部屋でまだ寝ている。一足先に朝風呂に行く。
今日は軽井沢で昼食をして帰る予定である。途中、嬬恋牧場の休憩場所で浅間山・四阿山(あづまやさん)を望みながら牛乳を飲む。今年も四阿山には登れなかったなあ…
軽井沢「白糸の滝」辺りから渋滞が始まった。こりゃあ 大変だ。。。
喧騒を嫌った昨日が嘘のよう。この旧軽井沢の混雑はなんなのだ。夏休み最後の土日のせいでこんなに人・人なの? 早々と目当ての場所で昼食をして帰路に。
白糸の滝を再び通ることになった。ここの駐車場が空くのは軌跡の瞬間でも訪れない限り駄目だろうなあ…と思った。するとグットタイミングで止められて滝を見学をする。滝つぼには大勢が涼を求めている。ほんと!涼しいわあ〜。
。。。あっと言う間に終っ一泊二日の旅行

 天狗まつり 19年 8月 5日 群馬県沼田市
190805tenngumigosi.jpg
今日は祭りの最終日である。昨年に引き続き2回目の見学となった。
最終日の5日には、午後3時過ぎから雷となった。雷と雨、その雨のすごさには驚いた。結果、天狗の出る午後6時30分には「涼しいねえ〜」と声が出るほどに気温が下がった。今か今と待っている2基の天狗、その会場に私達も出かけていくことにした。雨に濡れても大丈夫な天狗1基と、迦葉山からおりて来た張子で出来ている天狗1基
ルンルンで歩く孫の手を引き幸せなひと時。夜店で、金魚すくいをしたり、菓子を買ったりとお祭りならではの大出血サービスでお小使いをつかった。孫はひいおじちゃんと親戚、私達から小使いをもらうと、『紙はいらい』という。『大きい銀貨がいいの』という(^^)
天狗みこしの先頭を切って踊る人を見て『大きくなったらね くるりんっぱ! するの』という。ミス沼田の3人娘が通ったので「○○ちゃんも大きくなったらなろうね」というと『うん! ピンクを着るの』と言った。ミス沼田はピンクのハッピを着ていました。
クレープを食べ、ラーメンを食べ、カキ氷を食べてお祭りを楽しんだ。
熱狂的な一夜も時間とともに終った。

四国の旅     19年5月3日4日5日6日  徳島県  香川県
還暦旅行は数年前からスイスのトレッキングと夢見ていた。いざ、主人の「還暦旅行」になると仕事を休む事、家を10日間もあける事は出来ない状態になっていた。四国、九州にはまだ一度も行った事がない。日本の良い所をじっくり見てみようと地道にこの計画が出来上がった。
四国、徳島・香川の旅 のろのろ風風のやじきた珍道中です。

三鷹の森ジブリ美術館  19年 4月 28日 東京都三鷹市 〜  4月29日 上野動物園
チケットは毎月10日にローソンにて発売する。
チケットを手に入れるのに大変苦労しました。と、いうか3月末に行きたかったのですが失敗。
この失敗が、今回のゴールデンウィークの初日にすんなりと取れて行けることになった。
入場制限があり10時、12時、14時、16時の入場である。私達は12時の券を取って出かける事にした。当日は少々早めに到着するように自宅を出た。高速の渋滞はあったものの、すんなりと三鷹に着く。

貴原窯(椎葉陶器工房) 19年 4月 21日 群馬県渋川市子持
山仲間、そして職場が元同じの友、二人に誘って頂いて窯開きへ。初めての経験(^^)である。器・焼き物が好きであるが【窯開き】は見学したことはなかった。私達の市にある窯元である。
山歩きでは良く、<我郷土を見なおさなくては>と思うことは度々あったが、窯元がいくつもあることは気が付かないでいた。数えてみればあるんですねえ〜。住んでいる市の事を知らなすぎに恥ずかしい。

沼田公園 19年 4月 14日 群馬県沼田市
沼田公園の「御殿桜」が地方新聞そして読売新聞(17日付)にて報道がありました。
満開の桜の下に大きなマットを敷き4世代でお花見です。お弁当を広げての楽しい時間を過ごしました。2歳から84歳、平均年齢44歳
桜の樹齢400年。なんかゴロが似ている。


ぐんま三大梅林 19年 3月 18日 群馬県安中市、高崎市榛名町
秋間梅林、榛名梅林、箕郷梅林をなずけて三大梅林
二市にまたがっての梅林は広大で、車の利用にて次の梅林、その次の梅林へと見学移動をした。足腰の弱くなった母をつれて花見である。少し肌寒かったが、喜んでくれたようだ。

榛名町総合文化会館で梅まつりを見学、倉渕の陶芸家のテントでちょっと買い物(^^)
梅餅がつき上がったので、並んだ。数人前で終わり
(^^)

越生梅林   19年 2月25日 埼玉県越生町
どこか近くを散歩したいと思っていた所に、前日、NHKテレビで紹介があった。早速ここにしようと決まる。
 日々の雑多が多く、半日で行動できる所と言うと群馬県安中市の秋間梅林と思っていた。秋間梅林は4部咲きとHPに紹介されていた。越生梅林は高速を使うと比較的近いので足を向けてみる。
 吉野梅郷を見ている為、越生は予想より規模が小さかった。それでも梅の香りに包まれて柔らな数時間を送れた。テレビで紹介のあった「越生自然休養村センター」にておっ切り込みうどんを食べる。御袋の味であった。

子持蝋梅の里 19年 1月 13日 群馬県渋川市子持
昨年2月に市町村合併があり、新市になった旧子持村の蝋梅を見てきた。まだ、若木で「蝋梅の里」と名前をつけるのは早いような丘に、風に吹かれた蝋梅が咲いていた。
どの木もやっと2m位である。数年後には、この蝋梅の丘から甘い香りが漂うことであろう。楽しみである

初詣 19年 1月 1日 群馬県水沢観音
新年おめでとうございます。
そこそこに寒い日であるが、風もなく穏やかな元日に水沢観音に初詣をしてきました。娘達夫婦と一緒です。我家の願い事を全部引き受けてくれている水沢観音様は、もうこれ以上望みは聞けませんと断られそうです。些細なことから大学受験と沢山に申しわけありません。
今年は、年頭に当たり「健康」を、お願いいたしました。大変な人出で、駐車場に入るのも渋滞、境内の中は人人、お参りする場所も100mは並んでいました。

ぶらりとお出かけ一覧 H23 H22 H21   H20  H18  H17  H16    

inserted by FC2 system