北海道 礼文島・稚内・サロベツ・オロロンライン・美瑛移動

平成26年7月 5日(土)
 朝食AM6:30 民宿海憧送迎車7:20→香深港8:30乗船
 出港8:40〜〜稚内港着10:35 下船10:45
 

 道内を移動 
 稚内港FT駐車場発AM11:05→北市場11:08 11:15→ガソリン給油・
 洗車11:26 12:03→五郎ラーメン12:04(ランチ定食)12:40→(R40)豊富
 バイパス→サロベツ原生花園13:25 13:30→北緯45度地点→(R40)→
 道の駅中川14:3814:58→(名寄美深道路)→道の駅なよろ→道の駅
 当麻17:27 17:35→旭川ラーメン村18:0518:43→道の駅美瑛
 丘のくら19:25(泊)
                              一日の走行数 292.5km
 表示:   ⇒ 高速道  → 一般道  〜〜カーフェリー 

 
民宿海憧さんの前の浜  庭先に咲いていたレブンウスユキソウ
 過ぎた時間は早いものです。もう 今日で礼文島ともお別れです。早朝の浜は、民宿海憧さんの真ん前です。
 昨日、スコトン岬まで送ってくださった海憧さんのお馴染みさんは、もう1〜2泊すると言う。朝のランニングの時にゴマフアザラシがこの浜のテトラポットにて休んでいた話をしてくださった。写真の中間辺り(
) 送迎車の運転手さんも朝が早い、その方も見たという。私がこの写真を撮ったのは朝7時11分、その時はもういなかった。
残念です とっても見たかったのにね。また、いらっしゃいという事ですね。
 お見送り
 出港カーフェリーの傍に立つお見送りの人達。このように別れを惜しんで下さるなんて、”また来たいよ”の気持ちを擽られます。人情味の厚い島民の皆さま 楽しい日々をありがとうございました。
この船に乗船 お見送り 宿の方達
サムネイル表示 
後を追うカモメ その後も追ってくるカモメ 船 内

サロベツ原生花園

   
エゾカンゾウの大群落 越しに利尻富士 バス停にて
  「エゾカンゾウの群落、走っても 走っても どこへ行ってもつづく黄色の絨毯」と、7/2の記録に書きました。もう一度どうしても見たかった。利尻富士の秀麗な姿もこの地点からもう一度見ようと走ることにした。気儘な旅の良い所です。

 オロロンライン

 モニュメント    利尻富士が見えますサムネイル表示  パラグラーダーが2機 サムネイル表示 
 北緯45度地点のモニュメントも見落としてしまったので、そこへも訪れる事にした。

 道の駅当麻で車中泊の予定でしたが、17時という早い時間に到着してしまいちょっと早すぎです。ここの敷地内にある旭川ラーメンを食べようと予定していたのですが、旭川市内にあるラーメン村まで行こうという事になりました。
 老舗のラーメン店にて食した。美味しかったのですが、どうも馴染まない味で、また違う店で日を改めて食べようという事になりました。
 娘の結婚が決まった時、家族旅行で北海道に来ました。旭川ラーメンを食べたなら美味しかった記憶があり、期待したのですが違った。
 道の駅当麻に行くには、戻ることになるので、道の駅美瑛丘のくらにて車中泊にする。
美瑛の夕焼けに遭遇 

 到着すると3台のスペースしかなく、そこの一つに駐車をした。隣の方も同じような車で、夕食の調理をしていました。私達の車への助言を沢山頂いて、その方のようにしたら 今よりもっとローコストな旅が出来そうです。もうちょっと、お話が出来たら良かったのにな。

7/4礼文島岬コース 北海道総集編   7/6美瑛の丘めぐり・富良野
inserted by FC2 system