北海道 釧路〜帯広 花畑牧場・ばんえい競馬

 平成26年7月13日(日)  
 釧路東横INN駅前出発8:10→道の駅しらぬか恋門8:35 8:38→
 道の駅うらほろ9:28 10:15→豊北原生花園10:30 10:40→
 長節湖 長節原生花園10:53 11:00→更別PA11:42 11:47→
 花畑牧場11:42 昼食13:05

 →幸福駅13:45 14:15→ばんえい競馬14:42 (群馬県人出合)16:20
 出発16:40→東横INNとかち帯広駅前17:38…帯広駅(ショピング)…
 東横INNとかち帯広駅前19:10(泊)

               一日の走行数 188.4km  歩数10,579歩 
 表示:    → 一般道   ***電車    …歩き      
 曇り 18℃ 釧路よさようなら〜。今日は帯広に向かって移動日です。
 釧路国道38号から336号を走り南下、襟裳岬に立ち寄ってから帯広に入るつもりですが、どうもお天気が良くない。道の駅しらぬか恋門で何かパンフレットを頂こうと思ったがまだ開店していなかった。白糠町から馬主来沼までは、濃霧であった。この時点で、襟裳岬は断念した。先日、先に訪れた綱縁の方の情報だとこういう日は、霧と風で遠望は出来ないとの話。

豊北原生花園

 お天気が良くないので、この先、行こうとしている襟裳岬は、あっさりと諦めて違うコースをとる。
 帯広に入る前に、原生花園を二っつ見ましょうと寄ったのが、豊北原生花園です。 大きな牧場の間を抜けて、辿り着いた場所は海岸べり。だ〜れもいません。寂しい位の景色、潮風が吹き、波はまるで冬の海のようです。雪に閉ざされたこの地方の知識はないけれど、海なし県の私からすると荒れている海としか思えない。
標識には、お知らせ<国有海浜公園のマナー>と【獲付け行為禁止】の案内であった。
天候不良で見通しの悪い海岸線と鳥居 
   動物には餌を与えないでくださいを見て、数メートル走るとキタキツネがひょっこり現れた。知床半島で見たキツネより小さい。毛も、すでに生え変わっていた。こっちを見てます。何か訴えていますが、見て見ぬふりをして立ち去った。バイバイ。。。
キタキツネ
 豊北原生花園で見つけた花

 長節湖 長節原生花園  

 広い平坦な道をひた走ると、案内板が見え出した。やはり海岸線にある原生花園であった。
   
 長節湖 海水が混じる汽水湖で、太平洋と幅の狭い砂丘で隔てられています。湖の砂丘一帯の植物群は、北海道の天然記念物に指定されており、春から初秋にかけてハマナス、エゾカンゾウ、ムシャリンドウ、センダイハギなどの美しい花が咲き競います。<観光案内より>

 ここは、キャンプ場がある。日曜日とあって親子のキャンパーが数組いました。テントを張ってのんびり過ごす数人の大人は、釣りの為にいるのかな?と思われる。
 夏本番、ハマナスが咲きながら葦と思われる植物が入り混じり初秋を思わせる。
長 節 湖
   
 朝食の後片付けのよう 足が黄色なので、ウミネコの群れ   碑

花畑牧場 

 花畑牧場に向かう。真っ平らな道に両側には牧場が点在する更別町。それぞれの牧場には畳一枚程の大きな標識がある。美瑛で見た標識とはまた違う。それぞれ町内ごとにデザインが違う。写真が無いのが残念です。サイクリング競技の後続について走ってしまった。
サイクリング競技中 この大会にも大勢が集まっていました。
 やはり、ここまで来たなら花畑牧場に寄りましょう。あの生キャラメルがヒットした年、数年は国道まで来場者が列をなしたと言いますが、今日はすんなりと駐車場に入れた。牧場主は、芸能人 テレビに出演するのを時に触れてみるが、牧場内に入ると経営者であるのが見て取れる。そして観光地なのである。  

お花いっぱいの庭
 丁度 お昼時になったので先にレストランで食事をする。主人は、ホエー豚丼を頂く、美味しかったそうです。私は、マルゲリータピザです。直径38cm程ある大きなピザで食べきれず1/4をお土産用にしてもらった。
 生キャラメルに次いでヒットしているソフトクリームも頂く。美味しかったです。
 生キャラメル作り 窓腰に見学 ナチュナルチーズコンテスト全国一位 熟成中 
 
ホエー豚丼 マルゲリータピザ キャラメルソフトクリーム 
 お腹がいっぱいになったので、少し腹こなしをしないと太りそう。屋外で何やら楽しんでいる声が聞こえて来ました。
 バター作り競争に参加した主人、一位ならソフトクリームのプレゼントです。
 残念でした。二位でしたよ(^^) 一位になってもさっきキャラメルソフトクリームを食べてしまいましたものいりません。

 バター作り競技
花畑牧場を後に延々とつづくジャガイモ畑、我県では6月収穫、少し季節が遅れている。

幸 福 駅

展示の電車 電車の中
 少し走って、幸福駅へ。辿りつかず、広い畑で作業している人やイベントをしていた方に聞く。隣の会場のようである。”隣”が非常に遠いのです(^^)一瞬【幸福】には遠いのか!と。
 既に廃線になっているが、当時の駅にそのまま電車と駅舎が残っている。結婚式を挙げた方達の写真も展示してあった。
 幸せになれますよう。。。 愛の鐘を鳴らしてみる
 幸福駅の切符が沢山貼ってある  駅舎の中

帯広市内 ばんえい競馬  詳しくは→

      15時20分と16時00分開始のレース【ばんえい競馬】を見学した。
 
 吹く風が、心地良すぎて一枚羽織りたくなりました。
入口 人馬一体 足慣らしです 
  でも レースが始まると一瞬の動きを逃すまいとカメラを構えて涼しさを忘れた。日曜日とあって多くの人達で賑わってます。ここは本物の競馬場です。馬券を買って賭けるんです!競馬場に入ったのなんて生まれて初めての事です。予想新聞を見る人に教えて頂いて、お遊びで買ってみたんですよ。

 終わって駐車場にて声を掛けられた。
『群馬から来たんですか?私達も群馬からです。』男性お二方でした。立ち止まってしばらく話。更別町で開催の【国際トラクターBAMBA】競技を見に来た人達でした。
白熱のレース! でも…途中で止まります? 重い鉄ソリを引き、二つ坂を越えるための力を蓄える。 

 同県の方にお会いして、群馬の話を沢山し、旅の行程を話、これからも又北海道に来たい希望を話、楽しい時間を過ごしました。
同じ考えを持つお二方とは時を忘れそうに話し込んだ。
 夕食後に六花亭本店のスイーツを食べるのも目的です。今夜は、帯広市内に宿泊の予定、もう私達の旅も終盤です。 夜21℃

7/12 釧路市のろっこ号・摩周湖 北海道総集編   7/14 幸せの黄色ハンカチ
inserted by FC2 system