全日程 H26年7月1日〜7月16日

 7月1日(火) 移動日 
  自宅発AM6:00→渋川伊香保IC⇒(関越道) ⇒大和PA7:00朝食7:26⇒新潟IC8:19→スタンド・コンビニ→新潟港9:15
  東日本海フェリー9:45乗船 10:30出港〜 船中(泊)
     ※記号  ⇒高速道  →一般道   〜〜カーフェリー        走行数 204.6km    

平成26年7月2日(水)7月15日(火)   

GET Adobe Flash Player 地名にマウスを置いてクリック、記録をご覧ください

 7月16日(水) 移動日 
    秋田港AM7:45(停泊)8:45出発〜〜新潟港PM15:30   新潟港15:33→新潟西IC15:59⇒(北陸道・関越道)⇒越後川口
    16:45(休)17:00⇒渋川伊香保IC 16:10→自宅18:15
      ※記号  ⇒高速道  →一般道   〜〜カーフェリー  走行数 207.5km 
 7月1日〜16日 全走行数 3,628.9km 

【余分な おしゃべり】
 退職をしたなら行ってみたい所、隊長は九州と四国でした。そこは、昨年巡ってきました。
 では、今度は私の番です。行きたい所、北海道です。一日でも1時間でも若い内に出掛けたい北海道でした。
 H26年が明けた頃から徐々に気持ちが固まり2月には確定しました。北海道といっても壮大な面積です。一番最初に行きたい所は、利尻島・礼文島です。憧れの地であり、夢を見る程に恋い焦がれる地でありました。
 道内では、大雪山の懐に入り山を二つ登りたい。出来たなら原生花園や湿原を沢山歩きたい、今までの北海道旅行で回っていない観光地の見学でした。それらを全部叶えると16日間の日程がどうしても必要になりました。
 昨年ツアー会社にて利尻・礼文島の日程を組んでもらい見積書を取り寄せると、なんと高額な見積書に驚きました。では、同じ旅費で自分達で日程を組んだらどうなるだろう。。。行先と予算を見比べながら計画を立てると、隊長の大好きな観光とドライブが実行出来、私の登りたい「山」にも行ける。大自然の写真も撮って歩きたい、充分時間を使える。二人の希望通り、のんびりと行動できる案が出来上がった。ツアー会社と同じ位の費用で、3倍以上の日数で北海道を満喫できる事になりました。
  九州旅行・四国旅行に引き続き、さてさて どんな弥次喜多道中が始まるのでしょうか? ケチケチ 貧乏で節約、放浪の旅が始まりました。

 ぶらりとお出かけH26  山行記録H26  上のページへ 
サロベツ原生花園 inserted by FC2 system