群馬県赤城山 小沼・地蔵岳・覚満淵  1,350〜2,106m

平成28年 6月 10日(金) 
 自宅発AM9:05→北橘町→353号→赤城道路→小沼駐車場9:50

↑サムネイル表示=クリックで拡大します
 駐車場10:05…(小沼右回り一周 のろのろ×2)…小沼尻水門
 9:55 10:00…小沼駐車場11:00
     
  小沼駐車場11:06→八丁峠駐車場11:10
 八丁峠駐車場11:12…地蔵岳…八丁峠駐車場
 八丁峠駐車場→小沼駐車場…湖畔→覚満淵駐車場
 覚満淵駐車場13:30…左回り一周…覚満淵駐車場14:10
         三ヶ所の歩行距離 約4.0km
 覚満淵駐車場14:20→白樺牧場14:27 14:35→北橘温泉ばんどうの湯
 15:1016:10→自宅着16:20
 表示:   → 一般道   …歩き  地図1/25000 : 国土地理院地図より3D高さ倍率1倍にて作成

 のろのろ花見隊】パートV、今日は毎日眺めている赤城山山歩(さんぽ)である。
 地方新聞等の情報で赤城山のレンゲツツジが満開という。この一週間は、暑かったりちょっと涼しかったりと、体も自ずとグズグズしていた。ロングコースは、私達には到底無理なので朝な夕なに眺める赤城山ならと思った。
”思ったが吉日”である。我家から眺める今日の赤城山稜線は、バッチリ見えていた。【赤城山逍遥】と名付けて小沼一周・地蔵岳・覚満淵と歩いた。

 朝ごはんを多めに炊いた。おにぎり4ヶを作り何時もの漬物と冷凍こんにゃくゼリーと冷凍ミカンをリュックに詰めて遅い出立をする。30分そこそこで小沼入口とは有難い。
 駐車場から道路を隔てて小沼入口 湖畔でくつろぐ老カップル 
 白樺牧場のレンゲツツジは最盛期を過ぎて、ちょっと色あせていた。小沼に近づくにつれて丁度良い咲き具合がお目見えした。まだこれからの蕾が残っている。
 ヤマツツジも競演していた。

緑が映り込む 小沼  右端には地蔵岳
今日の小沼は、深い色合いを見せている。湖畔を右回りで進む

賑やかに奏でる春ゼミの声
あっ!  
いた!
苔むす沼べり

テンナンショウと思う? シダが生茂る
小沼の回りを彩るツツジ6種類
ヤマツツジ・レンゲツツジ・アカドウダン・ミツバツツジもちょっと咲き残りがあった。
サラサドウダンが最盛期で咲いている。シロヤシオをも見た。嬉しいですね。
小沼尻 水門側から駐車場方面

   
湖岸の鳥居
お話をしたご婦人たち ??キノコ 蠅のような虫が2匹ついていた
   小沼一周しても、追いかけの花には、ご対面とはなりませんでした。
が、とんでもないもんに!
出口(
)に近い笹道で遭う。
小さい1cm弱の白い花を撮ろうと、かがんだら!!!

な・な・なんと! にょろ!!!
ご対面
!!!
  平日なのにツツジを楽しむ人が沢山 木段を登り上げると車道近し
 それも超でかいのが、なが〜くヘアピン型になって日向ぼっこしていた。その後が、枯枝を見てもにょろに見えて目をしばつかせる。本当は、心の中で キャア〜!きゃあ〜! 言っていた。

  移動 

地 蔵 岳
木の階段 いやなんだよな〜  振り返れば小沼 やはり緑濃い  鉄塔群が青空に映え 
 追いかけの花は、ここでもついに見られず。数年前には有った場所にも咲いていなかった。この地蔵岳では早かったのか? それとも心無い人に連れて行かれたか? 定かではありません。
移動→  小沼湖畔縁に下りてお弁当を食べる   移動 

覚 満 淵

 空の青い色が水面に映り、格別に綺麗である。(
 水が少ない(
)積雪が少なかったせいか雨不足なのか心配だ。
 
篭山・鳥居峠方面 
対岸のレンゲツツジが映り込む 

クサタチバナ
【新・花の百名山(田中澄江選)】
によると赤城山の花は
クサタチバナとあります。
写真には写っていませんが、木道の老朽化で工事中であった。 
 
水が少ないのが如実な覚満淵、 真っ盛りのレンゲツツジ 

 県花であるレンゲツツジの満開を見学できた。平日なのに何処の駐車場も満杯であり、週末の土日は混んだことでしょう。山は、良い季節を迎え花の時期に突入しました。さてさて、この次の山散歩はどこかな?どんな花に出会えるのでしょうか?
先ずは、お馴染みの言葉「今日の健康に感謝」

上のぺージへ
inserted by FC2 system