北海道 釧路市湿原展望台遊歩道・アイヌコタン・摩周湖

平成26年7月11日(金)  
 釧路東急イン出発9:08→ガソリン給油9:30 9:40→釧路市湿原
 展望台遊歩道10:1011:16→アイヌコタン12:18 13:00

 


 
 →摩周湖第三展望台14:05 14:40→塘路駅15:34 15:38→
 コインランドリー16:00 16:40→イオン16:45 17:40→コインランドリー
 17:45 18:15→釧路駅みどりの窓口18:11 18:35→
 東横INN釧路駅前18:30(泊)

                     一日の走行数 233km  歩数10,913歩  
 表示:    → 一般道    …歩き      
 未明から雨が強く降っていて目が覚める。良かったホテルの中で。。。と、また眠る。うとうとしていたが熟睡はしていない幾分雨の音は和らいだ。目が覚める。テレビのニュースを見ると、台風8号は、今日の午後には三陸沖に来るようだ。15時過ぎには温帯低気圧になって太平洋を北上するようです。現在の気温18℃ 蒸し暑く感じる。  
 ネット検索で探した部屋なので、っていつもネットで予約をしているのですが(^^) ここのホテルは初めての宿泊です。トリプルの部屋で広過ぎて使わないベットを触らない様に気を使ったりした心配性。アメニティーも万全に整い、飲み物は、日本茶と珈琲が用意されていた。時には違ったホテルも良いです。私達が良く利用する二つのビジネスホテルは、何処の町でも部屋のドアーを開けて入室すると調度品が同じ位置にあるので自分の部屋に帰ったような感じ、部屋に入ってからの動線に抵抗が無く安らぎます。遠出をした時ほど利用するかもしれません。
 今日と明日で、釧路湿原の探検が始まります。 さあ!出発です!!

釧路市湿原展望台 遊歩道 参考:釧路市観光コンベンション協会

 
展望台 遊歩道入口 コース図 サムネイル表示
 雨はパラパラ降っている位になり心配なく出発できた。
 展望台の受付で遊歩道のコース図を頂く。館内の見学は後回しにして先に遊歩道を歩く。傘をさして歩くのが丁度良さそう。右回りにするか左回りにするか、一悶着して右回りの木道を行く。大雨が上がったばかりでと心配する隊長です。
ここまではバリアーフリー木道   サテライト展望台
 その辺 太っ腹母さんになる私は、左回りで一周したいと言い張る。結局折れて右回りの往復2.2kmを進んだ。木道は独占状態です。雨上がりのせいか薄暗く、ワッ!と何か出てきそう(^^) 途中 小さい虫が目の前を飛び、顔にぶつかる。蚊でもなく何なのだろう。虫よけティシュを塗って来たけど、汗をかいたら終わりです。サテライト展望台()に到着すると、やっと人に会う。
 ひろ〜い釧路湿原が見渡せる。(
 海抜67mのサテライト展望台 前方 釧路湿原
 明日はノロッコ電車に乗って、この湿原の中を走る予定です。ここへ来るまでに真冬の釧路湿原や早春の様子をテレビで見ていた。ここなんだとじっくり眺める。
 私が左回りで来た人に道の様子などを聞こうとしていら 「行くぞう!」と、後ろで声がした。どうしても嫌なようです^^; お訪ねした方は、私達と同じに木道を歩ってこられた方でした^^;
 
エゾマタタビ 葉がピンク色
北海道固有種
ヒオウギアヤメ

アイヌコタン

 木彫りの里、踊りの里、刺繍の里、そこは阿寒湖アイヌコタンです。台風の北上で、当初の予定と違った日時で行動している。
 ここは隊長が是非に見せたい観光地だそうです。そうそう隊長は、北海道には5〜6回程来ているのでしょうか? 私は、前回お話させて頂きましたが、修学旅行と、
アイヌコタン村 坂上 坂下
娘の結婚が決まった時の家族旅行で3回目です。修学旅行の時に、ここで作ってもらったプチペンダントとクロユリのペンダントは今でも持っています、そして時には使います。その製作者の店に行ってみたかったので、隊長が私に見せたい観光地と言いますが、一回来ているんだわ。まだ、さっきの左回りが、心のしこりとして残っています。
 それらしきお店に入ることが出来ました。ペンダントの話をすると、店の奥様は、『私が昔 彫っていたのを見せます。』と言って出してくださった。
 
 「そう!これです。こういった形のです。」 と、興奮しながら話すと当時は、皆さんがこの形を彫っていたそうです。でも実物を見れば自分が彫ったものか直ぐに分かると言ってくれた。持ってくれば良かった。。。
 今日はお土産用に、木彫りのキーホルダーと奥様が刺繍したコースターを買う。木彫り製品には、上げようとしている人のイニシアルを入れてくれた。むか〜しから変わらない作業との話ですが嬉しかった。沢山お話が出来て良かった。

摩 周 湖

 『時間も中途半場だし、摩周湖へ行く?』と隊長が聞いてきた。「もう諦めたからいいよ。屈斜路湖に行こうよ。」 
 自分達なりの日程は、細かく立てて来ている。 でも ほとんどがその時の気の向く間々です。
 ここから左に行くか、右に行くかです。
 また、左と右ですか!?
 第三展望台への階段 第三展望台
 折角 行こうと誘ってくれたので摩周湖にした。右です。近づくにつれて ♪きりに〜抱かれて 静かに ねむる〜♪
 第一展望台は、ホワイトアウト状態、駄目だね〜上の第三展望台へ行こう。この霧の状態なら更に上は、ここと同じなんですよね〜。
 でもそこで節約が閃く!第一展望台は有料駐車場です。第三は無料です。昨日の雨風でシャットアウトでも料金を払いました。それよりはいい。
 霧ですが第三展望台が見えた!そこへのアプローチが見えただけでも良い、 歩けるもの。
 

     先に来ていた方は、もう 40分 ここに居るそうですが、なんにも見えないと言っている。私も粘ったけど湖面の隅っこがちょっと見えただけでした。
 それでは、足元の花でも撮っていましょう。撮り終わってもまだ何にも見えません。いよいよ摩周湖とは縁が無かったんだよ。

 ”さようなら またね〜”
   
 

ノロッコ電車終点JR塘路駅

 釧路市へ向かう途中に、ノロッコ電車の塘路駅を見学する。金曜日の駅舎は誰もいません。ノロッコは一日二往復のみの運行です。
 ここで、ハタと気が付く沢山降った雨で湿原内は増水している。釧路駅に電話をした。明日のノロッコ号は午後16時の会議で運行が決まるようだ。今日の便は運休で、現在は点検をしているそうです。午後18時には結果が出ますと言うので駅に行って見る事にした。


 塘路駅の写真を撮らなかったので、翌日12日の写真です
 塘路駅

 その前に、コンランドリーで洗濯をしましょう。近くにイオンも有るので、店内を回ってみよう。夕食も考えなくてはです。
 無事に終わって、釧路駅みどりの窓口に行く。明日は予定通り発車するようです。運行が取り止めなら先の日程へ進もうと思った。出発前に自宅近くの駅で買った指定席券、乗車券をキャンセルしようとしました。
 台風で家が心配になり、一昨日より家族に連絡メールをする。里心がついて帰りたい気持ちは本心です。ここで旅を中断しても良いとさえ思った。家族からの返信メールは、「コチラハ カワッタコトナシ シンパイ フヨウ」 片仮名ではありませんが、そのような文面でした(^^) 折角出かけたのだから旅は満喫するように、心配はいらないという内容でした。「追伸 カーフェリーだって運休じゃないの?」 あっれまぁ そうだったんですよね? きっと^^;

7/10小清水原生花園、知床五湖 北海道総集編    7/12釧路湿原ノロッコ号
inserted by FC2 system