4月の花 5月の花一覧6月の花

石楠花 ・ ジャーマンアイリス ・ ツツジ ・ 薔薇


アカドウダンツツジ ツツジ科  ドウダンツツジ属
原産地    日本
撮影日   5/3〜5/7

      花は勿論の事、新緑や紅葉、落葉後の
        樹形も美しく1年を通して楽しめる。

 5/7 (5/3開花の木より薄い色)  5/3
11/19





アヤメ アヤメ科 アヤメ属
原産地  北半球の温帯域   
撮影日 5/11〜5/24
  主人の仕事先の方に一鉢頂いた。増えに増えてご近所に株分け
  しているが、この先も増える事でしょう。新緑の季節に、
  紫色が帯びなす姿は美しい。

5/11

5/17 5/24


 ミニアヤメ 
 H28.05.14
 
H28.05.14 H28.05.10
 





アリッサム アブラナ科  ニワナズナ属
原産地    地中海沿岸  
撮影日    3/9〜11/19
  花壇の縁植えや寄せ植えにはかかせない花である。我家でも
  寄せ植えで購入した花が、地植えになり毎年芽を出す。
  時には1年中咲いている。その存在は小さいながら堅実である。   

11/19 3/9 7/27
H22.05.25





イブキジャコウソウ シソ科 イブキジャコウソウ属
分布  北海道から九州   
撮影日 5/14 
  葉をつまむ、又は触ると香る。ジャコウソウの由来がここにある。
  庭のジャコウソウは白花に近い。
  嫁入りして数年、すっかり我家の家風になれて、今では株分けも
  進んでいる 

 
歩く花の図鑑さん宅より嫁入り H21. 5.25 @
 
 H26.5.20 A

 @の写真の中に
となりに咲くエリゲロンが
混って咲いてます
 

Aの写真の中に
となりに咲く
花手毬(バーベナ)が
混って咲いてます
 





エリゲロン キク科 エリゲロン属 
原産地  北アメリカに多い
撮影日  5/9〜17
  歩く花の図鑑さんの家から我家に嫁入をしました。  
  花は直径で1.5cm〜2cm位の花である。密集して咲く
  可愛い花です。
  名前が分からなくて【不明】としておいたところ図鑑さんから
  名前を教えてもらう。 

H21.5.9
5/17





ガザニア キク科 ガザニア属 
原産地  南アフリカ
撮影日  5/29に咲いたガザニアが再び11/26
      咲いた
  アリッサムと同じで、寄せ植えから地植えに
  なった花である。ピンク色が寄せ植えになって
  いるが、今ひとつ元気が無い。 

5/29 11/26





カラー(カイウ) サトイモ科 オランダカイウ属 
原産地  南アフリカ
撮影日  H23.5.31
  赤城農産物直売場にて購入
  我家の庭には、何度と無く植えてみるものの
  2年〜3年で絶えてしまう。何故なんだろう。
  昔から好きな花なのに育たないのは、土壌の
  関係なんでしょうか? 

購入した5/15は一輪咲いていた。
既に2週間も経ち、梅雨入りして雨やけてしまった。





カルミア(花笠石楠花) ツツジ科 カルミア属
原産地  北アメリカ東部   
撮影日  5/28
  新聞社の月間サービス、寄付金10円にて手に入れた
  カルミアである。今は柿の木の下でその存在ここに有りと
  大きくなった。樹齢20年位   

5/28
  
  H23.5.30 ↑ ↓
 
1912(明治45)年に東京市長がアメリカにサクラを寄贈したお返しとして、
1915(大正4)年にハナミズキとともに日本に渡来した。
酸性の土壌に生育し、5?6月に、10から50個の散房花序をつける、高さ1?3メートルの常緑小高木。
秋に花の芽が出て、翌年の5月頃から咲き始める。
花弁の色は、白、桃、濃紫、赤褐色、茶褐色、淡紅色

アメリカ・コネチカット州の州花である。

葉は有毒 グラヤノトキシンを含むため、
猫などが食するとよだれ、嘔吐、蹴り、視力障害、筋力低下、徐脈、痙攣、昏睡、などの症状が出る。
特に羊が中毒しやすく、一部の種は「羊殺し」と呼ばれている。

花言葉「さわやかな笑顔」「優雅な女性」「大きな望み」





キョウカノコ(京鹿の子) バラ科 シモツケソウ属
原産地 日本(園芸種)     
撮影日 H28.05.31
  耐寒性宿根草
  着物の染めの産地でもある京都の染め物技法「鹿の子絞り」から名前から付けられました。
また鹿子とはシカの背中にある白い模様のこと
 植物学的には大変に古い園芸植物で、茶花にもよく利用されている。シモツケソウとの違いは、茎に棘がないことである、

 H28.05.31  H28.05.31 
 H28.05.31
H28.05.26 後ろ白色の花は、石楠花





九輪草 サクラソウ科
原産地   日本
撮影日  5/25
  誰からも好かれる花 山の中で出会えたら幸運である。
  この花の姿を五重塔の上に立っている九輪に例え呼んでいる。

H26.5.25
    我家の庭に、九輪草を植えても定植しないのは、何故なんでしょう。もう 何度となく買っては植え、買っては植えてを繰り返し、駄目だとあきらめていました。
 今年(H26)山形置賜さくら回廊を見学した時に、地元の方が出展していた店先にあり、つい買った。
 来年こそは、必ず咲かせようと工夫をして植えつけた。





クレマチス キンポウゲ科 センニンソウ属
原産地  世界各地 
      日本原産のカザグルマ、中国原産のテッセン、ヨーロッパ原産の
      ビチセラ、インテグリフォリアなどの原種やそれらの交配種
撮影日 5/3 5/11
  義兄が購入して、しばらく楽しんでいた鉢植えを我家にくださった。
  地植えにしようか鉢のままにしようか迷っている現在。やはり元気が
  無く なってきている。今年(H21)は定植にしようと思う。     

5/11

5/3 H26.5.15
クレマチスの実 7/1





サボテン サボテン科 
原産地   アメリカ大陸原産
撮影日  3/10〜5/3
       品種は2000以上あるらしい。針状のとげがある。
      花は白、玉のような形3ヶからこの大きさになった。
      水も殆どやらず、強い植物である。
      ♪ サボテンの花♪ 【ひとつ屋根の下】 好きな歌と
      ドラマです。   

5/3





芍 薬  ボタン科 ボタン属
原産地  チベット〜中国   
撮影日  5/24
  『大胡ぐりーんふらわー牧場』でシャクヤク(芍薬)が見頃
  です。などという記事を見て、山の帰りによって見学をした。
  買うのが趣味のような夫は、買い求めた。
  庭には白花、ピンクとあったが、株分けをした翌年から消滅
  してしまった。芍薬センターにて買ったこの白花は中心に
  ピンクの斑入りであったが、何処から見ても白一色 

H21.5.14 5/24

株分けをした翌年から咲かなかったピンクが、芽をだして葉が茂るがやはり咲かなかった。
その花が、今年(H23.5.15)ついに咲いた。4つも花をつけた。
   

 





紫 蘭 ラン科 シラン属
原産地  日本、台湾、中国   
撮影日  5/18〜5/20
     

 日向の畑土でも栽培可能、観賞用として庭に植えられる。
 極めて丈夫な植物で、半日陰から日向まで適応し、乾燥
 にも過湿にもよく耐え栽培しやすい。
 群生をなして咲くようになった。
5/20

10/1 紫蘭の実

H28.05.14 ↑ →
夕陽を受けて

このように大株になりました
  

H22. 5.25 白花 H21.5.14 (5/10赤城農産物にて購入
 
 H28.05.14





セカンドラブトキメキ ラン科 デンドロビューム属
原産地   
撮影日   5/3  

 
5/3 H22.2.27
同じ株の花ですが、今年は白色になってしまいました。
 
 
H24.3.12  昨年は咲かず、今年は小さい木ながら咲いた。
H29.3.11  今年の花数は7個 細々と咲いています。 





ドクダミ ドクダミ科 属
原産地   
撮影日   5/28 

 毒を溜める、抑制する意で名づけられた。
 生薬名は、馬の病気に用いると十種類治せることから十薬、
 また重要な薬草の意で重薬の名が生まれたといわれます。
 別名が多く、トグダメともいわれる。


 花は可愛い、ネットの友からの情報で、脱臭効果があるとのこと。
 切り花のように2〜3本を冷蔵庫の中に入れると、爽やかになりま
 した。驚きです。
         





ナデシコ ナデシコ科   ンデシコ属
原産地  ユーラシア等   
撮影日  H28.5.27   

H28.05.27   H28.08.15

 毎年 良く咲いてくれる。
 種類も数種類あるのだが、どの色が何時からあったのか分からない。冬越しの時にテラスの下に置き、春になると土に下す。
 今年 5月にピンク色を買う。8月になったら株が大きくなった。





ニワゼキショウ アヤメ科    属
原産地  北アメリカ南東部   
撮影日  5/14   


身の丈18cm精一杯咲いている
アヤメの仲間の花は一日花で毎日新しい物をつける。花が終わると丸い果実をつける。
明治20年頃に日本に入り、人里でよく見かける帰化植物。庭に植えられるようになったのが、この名の由来

春の草むしりに沢山芽吹いているが、取り去るのは忍びなく、隅に植え替える作業をしていると、一向に草取りが終わらない。
5/14




ハコネツリガネツツジ ツツジ科ヨウラクツツジ属科 属
原産地  日本(丹沢・箱根・富士山麓) 
撮影日  5/24  

 ハコネツリガネツツジは、絶滅危惧IA類に指定されている希少植物。絶滅危惧IA類とは絶滅寸前の分類であり野生での存続が困難なものについて「絶滅危惧I類」のランクがつけられている。その中でも、ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いものに「絶滅危惧IA類」のランクが、IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いものについて「絶滅危惧IB類」のランクがつけられている。
 ではなぜこのようなツツジが庭に咲いているのか?
 園芸店で買い求めました。
 店先で可愛いということで買った花がこの様な指定を受けている植物とは、今の今まで知りませんでした(H21.3.25)
 
 縁あって庭に植えられたハコネツリガネツツジを、いままで以上に大事にそだてます。
 ヤマシャクヤくにしてもこのハコネツリガネツツジにしても、買う行為に充分注意を払い【買わない事】にしたいです。買うことが需要を増大させて絶滅の危機につながります。
 これからは園芸店、直売場での仕入れ経路等に気を付けたいです。





昼咲月見草 アカバナ科 マツヨイグサ属
原産地  北米からの帰化植物 
撮影日  5/28〜 
  月見草やマツヨイ草と同じグループ、昼間に開花する
  のでこの名がある。 

5/28 6/10
 





マメ科 フジ属
原産地  日本など  
撮影日  4/30〜5/3 
  藤の種類で言うとノダフジでなくヤマフジと思う
  我家の庭では古老木30年である  

5/3 4/30


←真夏に季節を間違えて咲く
7/27





フタマタイチゲ  キンポウゲ科 イチリンソウ属
原産地     
撮影日  H23.5.23
  多年草
  花のように見えるものは5〜6枚の白い萼片です。
  葉は三深裂して二枚づつ対生につきます。

H23.5.23

H22年 歩く花の図鑑さんから株分けをした物を頂く。
どんな花が咲くのか楽しみに1年待った。
H23年 ふっ!と、気が付くと咲いていた。二輪草に間違えそうな可憐な花である。
定植は、二輪草と隣同士の花壇に植えた。
   





プリムラ(プリムラ・ポリアンサ) サクラソウ科 サクラソウ属
原産地   ヨーロッパ
撮影日   5/20 
 園芸植物で、日本では生産園芸・鑑賞園芸の園芸
 ジャンルにより、包括する範囲が多少異なる。




牡 丹 ボタン科 ボタン属
原産地  中国   
撮影日  5/3  5/7 
 我市では牡丹寺と呼ばれるお寺がある。本当は
 正蓮寺である。毎年1500株の牡丹が咲き誇る
 姿は市の自慢のスポットである。  

5/7 5/3




マンネングサ ベンケイソウ科 セダム属
原産地  北半球の温帯〜暖帯   
撮影日  5/20  

5/20 


赤花夕化粧 アカバナ科  マツヨイグサ属
原産地  南アメリカ   
撮影日  5/28   

塀とアスファルトの隙間から咲いている
雑草のごとく咲く花は1cmに満たない。アカバナと通常言われているようです。

5/28



                                           参考図書:山と渓谷社「庭の花」「庭木・街路樹」
                                                      主婦の友社「高山の植物」
                                                   小学館「日本の野草」

  一  覧  月の花                 庭の花索引 
科・属その他    月の花                  

↑上の頁へ

inserted by FC2 system